法人と個人事業主と個人で生じるレンタルの品目の相違

通信機器レンタルの基本的な役割

通信機器レンタルサービスは、文字通り通信機器レンタルを行うサービスを指し、会社ごとにターゲットとしているレンタルサービスの対象によって、サービスの内容に違いはあるものの、基本的には通信機器全般のレンタルが最もスタンダートな役割であることは間違いありません。

具体的なサービス例としては、研修旅行や修学旅行における携帯電話やスマートフォンの貸し出しや、イベント並びにエキスポ開催時に使用される映像・音響機器の貸し出し、法人や個人事業主へのオフィス用通信機器、いわゆるOA機器のレンタル及びリースなどが挙げられ、レンタル会社ごとに事業主のみを対象にしたり、イベントやエキスポに対象を絞ったりするなど、専門とする顧客を設定していることも度々あります。

主にレンタルが可能な通信機器の品目

基本的に通信機器レンタル会社からレンタルできるものは、スマホやガラケーといった携帯電話全般、現在では引いていないことも珍しくない設置型電話機、FAXと複数の機能等が複合したFAX複合機、警察官や警備員が使用する無線機、通信機器の利用を補助することを目的とした通信機器用の周辺機器など通信機器が主です。

ただ、多くの場合、通信機器レンタルサービスを取り扱うレンタル業者では、通信機器以外の電子機器の取り扱いも豊富で、プロジェクターやスクリーン、アンプ・マイクのような映像機器及び音響機器から、コピーFAX複合機、パソコン・プリンター、シュレッダーなどオフィス用OA機器まで、幅広くレンタルしていることも珍しくはないため、価格とサービスを比較することはもちろん、目的に合わせてレンタル品の品目も意識してレンタル会社を選択するべきでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ