法人と個人事業主と個人で生じるレンタルの品目の相違

オーソドックスな通信機器レンタルに関する基本的な役割に関する私見を述べると共に、通信機器レンタル会社で取り扱いのある通信機器以外のレンタル機器である、映像機器並びに音響機器、オフィス用OA機器の具体的なレンタル品を幾つか例示し、通信機器レンタル会社においてレンタル可能な商品についてまとめました。

通信機器レンタルの基本情報とレンタル可能品目

レンタル会社が法人に限定した契約が優先されることは、少なくありませんし、個人事業主、まして個人での契約の取り扱いが無いなんていうことも、そう珍しいことではありません。

この差は、レンタル可能な品目の違いにも及び、法人でのレンタルができても、個人事業主あるいは個人でのレンタルができない品があることも、やはり間々あります。

なぜこのような相違が生じるのかというと、規模と信頼の二点に集約され、レンタル規模が大きければ大きいほど、レンタル台数が多ければ多いほど、レンタル会社の収益が大きくなるものの、レンタル規模とレンタル台数が少なければ、大きな収益は見込めませんが、いくら契約規模や台数が多かったとしても、支払いが滞ってしまえば収益にはなりません。

そのため、資本的信頼も社会的信頼も、法人が個人事業主に勝り、個人事業主は個人に勝ることから、法人、個人事業主、個人の順番に信頼性が高くなるため、レンタル会社もデメリット抑制のために法人を優先する傾向にあるのです。

なお、レンタル対象品も同じように法人が優先されやすい傾向にありますが、こちらも理由は明らかですね。

せっかく高額商品をレンタルしていても、貸し出した先にレンタル料金を支払う能力が無ければ、結局利益にはつながりません。

レンタル会社は損益を避けるためにも、一定以上の利益を得るためにも、より信頼性が高い法人を取引相手として優先する傾向が強くなってしまいがちになるのでしょう。

通信機器の長短所とレンタルと購入の比較

通信機器のレンタルや購入について考えるための足掛かりとして、通信機器レンタルのメリット及びデメリットに言及しつつ、通信機器のレンタルと購入にリースを加えて比較することで、レンタル・購入・リース、それぞれの特徴と経営との相性についてまとめることを試みました。

レンタルが難しい通信機器とその理由

このページでは、現在、レンタル会社を介してのレンタルがしにくい状況にあるポケベルを話題の中心に取り上げることで、レンタルしにくい通信機器が存在することに触れながら、今後、レンタルが難しくなるであろう通信システムについて、私見を提示しました。

△ ページTOPへ